実は宅建・・・受かっちゃいました。

【生涯学習のユーキャン】宅建主任者受験講座

2007年04月14日

Apple Nike + iPod Sport kit MA365J/B |

Apple Nike + iPod Sport kit MA365J/BApple Nike + iPod Sport kit MA365J/B


iPod nanoが専用トレーナーに
Nike + iPod Sport Kitを使えば、iPod nanoがあなたの専用トレーナーに早変わり。Nike+シューズに装着するワイヤレスセンサとiPod nanoに接続する専用ワイヤレスレシーバの組み合わせにより、ワークアウト中の様々な情報をiPod nanoの液晶画面に表示したり、コンピュータ(MacとWindows PCに対応)で管理することも可能。ジョギングにiPod nanoを連れて行き、iPod nanoにリードしてもらう。音楽があなたのモチベーションを高める。

準備を整える

Nike+シューズのインソールの下に設けられた特別なポケットにワイヤレスセンサを挿入して、専用ワイヤレスレシーバをiPod nanoのDockコネクタに接続するだけでOK。
1.Nike+シューズを手に入れる
Nike+iPodセンサーを入れる専用のポケットがインソールに付いているのはNike+シューズだけ。
2.iPod nanoを手に入れる
音飛びのない再生、明るいディスプレイ、最大1,000曲の保存が可能な信じられないほど小さなiPodでフットワークも軽やか。iTunes、nikeplus.comとトレーニングデータをすべてシンクできるのはiPod nanoだけ。
3.Nike+iPod Sport Kitを手に入れる
センサーレシーバー Sport Kitを使って、Nike+シューズからiPod nanoにデータを送信する。高感度加速度計を使って、運動中のデータを測定し、iPod nanoのレシーバーにワイヤレスで転送する。

ステップ1

Nike+シューズの左足のインソールの下にあるポケットにセンサーを入れる。トレーニングしていないときでも、センサーはシューズに入れたままで大丈夫。 ステップ2

レシーバーをiPod nanoに接続する。レシーバーはiPod nanoの底部にあるDockコネクタにぴったりとフィットする。 ステップ3

ジョギングを始めましょう。走っている間中、音声フィードバック、Nike Sport Musicのコンテンツ、iPod nanoがシンクする。
ワークアウト

センサーをシューズに入れ、iPod nanoの底部にあるDockコネクタにぴったりとフィットするレシーバーをiPod nanoに取り付けて走れば、まったく新しい世界が広がる。走行時間を見る。走行距離の伸びをチェックする。リアルタイムでフィードバックを聞く。最後の追い込みでいつも聴いている曲を含め、お気に入りの音楽を聴きながら行える。ランニングやウォーキングの情報はiPod nanoに送信され、歩数、時間、距離、速度ペース、消費カロリーなどが瞬時に計算される。リアルタイムでの音声フィードバック機能をオンにすれば、ワークアウト中の目標点到達を音声で知らせてくれる(再生中の音楽の音量は調整される)。経過だけでなく、速度、距離、時間、消費カロリーといったパーソナルベストの更新も知らせてくれる。音声フィードバックはワークアウトのタイプごとに設定された間隔で自動的に行われる。

シンク
クールダウンの後はシンクの時間。音楽、写真、カレンダーをシンクするときと同様、シームレスにジョギング中のデータをシンクできる。iPod nanoをMacまたはWindows PCにつなぐだけで、運動中のデータがiTunesとnikeplus.comにシンクされる。nikeplus.comではワークアウトの履歴管理や複数の目標点設定のほか、nikeplus.comに登録している他のランナー達とのヴァーチャルレースにも挑戦できる。
毎回の走りを記憶する。パフォーマンスを分析する。前回の記録を破る。目標に向かって努力する。nikeplus.comには毎回のトレーニングデータが保存され、美しく直観的に操作できる画面から、速度・距離・消費カロリーを、回・週・月ごとにチェックできる。
nikeplus.comにはさまざまな地域のランナーが接続しており、ここから本当の競争が始まる。nikeplus.comを使って、誰とでも仮想レースに挑戦できる。ホームグラウンドでタイムを測定したら、nikeplus.comにログオンし、結果を検索するだけだ。


ジョギングを継続するモチベーション維持の「にんじん」 2007-03-18
 今までもipod nanoを聞きながらジョギングをしていたのですが、より効果的にエ

クササイズを継続することができます。



 トレーニングは普通辛いものです。朝早く起きたり、なんとなくやる気がなかったり。



 それを克服するためには、何か「ご褒美」or「にんじん」が必要です。



 私はジョギング中に英会話の教材を聞いたり、G-shockでラップタイムやトータル

タイムを記録をして、手帳につけたりとか色々と試してみました。



 今回のSports Kitを使い始めてから、さらに効果的に成果を記録できることになり

ました。



 エクササイズ回数や使用カロリーなどをPCやウェブサイトに記録できます(この

データをNIKEは当然製品開発のマーケティングに使っているのだろうなあ。なって

事を考えながら、走っています。彼らはなんて頭がいいんだ。)





 私のお気に入りの使い方は、最初にトレーニング時間を決めることです。



 例えば30分のエクササイズを設定すると、途中で「5分経過です」「残り15

分です」というように女性のアナウンスが流れます。なんとなくプライベートコーチ

がついているようで、気分がいいです。ワークアウト終了後、「お疲れ様です。」と

いってくれるのもなかなかいいですね。



 今後、好きなアイドルの声で「がんばって!」とか「かっこいい!」なんて掛け声

が出せるようになれば、結構売れるのではないかと思ってしまいました。



 何か物事を継続させるためには、工夫が必要です。そのために、この装置はいい

「にんじん」になってくれそうです。


もっと詳しく!≫


posted by ぽっど at 21:00 | ipod
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。